災難続きの人生に休息を

筆者についてはこちら♪

日常をイベント化する合理性と収益について

ショーコ
WRITER
 

スポンサードリンク


スポンサードリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
ショーコ
4人兄弟の末っ子。中学で不良にボコされ肋骨3本折り不登校に。カナダへ逃亡。帰国後ヤンキーを駆逐するため政治に強い早稲田へ進学。しかし志半ばで母が倒れ、祖母が倒れ、叔父が死に学問どころではなくなり商いを始める。月商100万近くなったが、結局調子に乗り大失敗。現在の口座残高4万円。/ 日本の小市民

生活の一部をイベントに置き換えよう

日頃、無意識にやっている人と違うことをイベントにしよう

誰しも1つや2つ一般的な概念「普通」に当てはめることが出来ない行為を日常で無意識に、そして恒常的に行っているかと思います。その代表例は、自分の例でいくと突発的に歯を所構わず磨き出す、ポケットに歯ブラシがいつも入っている、寝るときはマウスピースをして寝る、などが上げられます。これはあまりにも個人的な例なので他人と共有するという観点からだと難しいものがありますが、無理矢理にでもイベントにしてみると『口内防衛軍〜人類の100%は歯ぎしりで日毎に歯を削っている〜』が考えられます。イベント作りはこのような視点で私は作るように心がけています。

誰しも何かへの時間配分がズレている

上記で私の極めて個人的な例を上げさせていただきましたが、この章ではもっと視野を広げていきます。以上のことを読んでみて「いやいや、私はこんなおかしなことしないし普通じゃないことなんて思い付かないよ」という方もいると思います。本当にそうでしょうか?あまりに無趣味で仕事から帰ってきたら寝るだけのような非文化的な生活習慣を送っている社会人の方もかなりいらっしゃいますが、それでも寝てはいらっしゃるのです。いかに仕事から帰ってきて気持ちよくぐっすり眠れるかということに全力を尽くしているのです。ベッドにゴールインするまでの数時間、キンキンに冷えたビールを片手にお気に入りのテレビ番組を見る、たとえそれがあなたにとっては日常であっても僕にとっては非日常なのです。そんな日は1年に数回もありません。このようなメジャーだと思っていたことが実はニッチなのは数知れません。

実際にイベント化するまでのプロセス

イベント開催に向けてどういう心構えでいけばよいのか

今回のエントリで紹介することは日常をイベントにする合理性と収益についてがメインになってくるので、合理的でなくてはなりません。わざわざイベントのために要らぬ労力を払って逆に身銭を切るようなことがあってはならないのです。イベントを開催する1番の醍醐味は、自分のやりたいことを自分以外からお金をいただいて行うことです。自分のやりたいことでなければ長続きしないし、相手からお金をいただかなければ持続的にイベント主催が出来ません。しかし「別にお金を貰わなくても困ってないし趣味でやっているから」と社会奉仕活動として行うことも立派なことだと思います。ともかく、自分の負担が大きい形でイベント運営を行うのは愚の骨頂です。初心者であっても、経験0であってもお金はいただいて良いのです。なぜならその後常連になってくださった時に還元していけば良いからです。何度も言いますが、決して負担が大きい形態にせず、共同主催者がいる場合は上手に役割分担をして、会場までの交通費、知識労働分なども経費として勘定して収益を分配出来るのが理想ですね。ここまでが心構えになります。

イベント運営のプロセスとプロブレム

何が何でも楽なやり方を追求することを前章では言及しました。ここではイベント運営のもっとも大切な『集客』の部分にフォーカスします。コンテンツ、ターゲでィング、場所設定など重要なことは5万とありますが、1にも2にもやはり集客が要です。どんな内容、どんな広報の仕方であれ毎回たくさんの人々が訪れるイベントというのがあります。一方私はランディングページや文章、毎回SNS上で広報しているにも関わらず人数が集まらないのはなぜだろうと考えたことがあります。それは回数を重ねる内にわかってきました。つまり人の流れを取り込む導線を増やすことに限ります。とにかくたくさんのチャンネルに載せまくる、挑戦しまくるのが正義だと感じました。特に効果が高かったのはFacebookの何万人もいるグループページに定期的に載せる、ジモティのイベント項目に載せる、Twitterの拡散力に頼る、口コミといったものでした。その中で最も成果があがったのはやはり口コミです。人づての紹介で人が人を呼ぶ大旋風を巻き起こせるか、人からの協力をどう仰ぐかということに心血を注ぐのがベストかと考えます。しかし問題点があり、それは事前投資が必要なことです。いきなりどこの馬の骨ともわからぬ赤の他人が「イベントいかがですかー?」SNSでメッセージを飛ばしまくったところで結果は見えています。それこそひたすら送り続けるのも一種の手ですが全体的にネットビジネスのようなマイナスイメージがつくので長期的には止めておきましょう。事前投資とは、他者が主催しているイベントに顔を出しまくる、そこで出会って人とご飯に行きまくるという人海戦術です。魅力的なイベントを作成する自信が無い方はこの根回しから始めて見るのが良いかと思います。実力で攻めるか、コミュ力で攻めるかですね。

続く… また書きます。

この記事を書いている人 - WRITER -
ショーコ
4人兄弟の末っ子。中学で不良にボコされ肋骨3本折り不登校に。カナダへ逃亡。帰国後ヤンキーを駆逐するため政治に強い早稲田へ進学。しかし志半ばで母が倒れ、祖母が倒れ、叔父が死に学問どころではなくなり商いを始める。月商100万近くなったが、結局調子に乗り大失敗。現在の口座残高4万円。/ 日本の小市民




スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© YOPPIE MEDIA , 2019 All Rights Reserved.